サイベックスリベルの口コミ感想レビュー!実際に使ってみて感じたデメリットは?

子育てグッズ
スポンサーリンク

サイベックスリベルのB型ベビーカーを使用してみた、口コミ感想レビューを紹介します。

現在使用期間1年以上。実際に使ってみて感じたデメリットはあった?メリットは?

それぞれ紹介していきますね。

コンパクトにたためて車に載せるのに場所を取らない。
機内持ち込みできるから、搭乗ギリギリまで使えて使い勝手よかったです(^^)
デメリットは「シートが倒せないこと」でした。

▼サイベックスリベル、6ヶ月から使える!前のバーがあると安心!バンパーバーも一緒に欲しいならコチラ▼


▼サイベックスリベル、6ヶ月から22キロまで長く使える、コンパクトに折りたためるベビーカーはコチラ▼
▼サイベックスリベル最新型!2022年ではデメリットだった肩紐が改善された。バンパーバー付きの2023年モデルはコチラ▼
▼サイベックスリベル最新型!4歳まで使うならこちらの2023年モデルがおすすめ▼

サイベックスリベルの口コミ感想レビュー!

サイベックスリベルのベビーカー、子供が1歳を過ぎてからB型ベビーカーとして購入しました。

我が家の最大の購入の決め手は、「ワンタッチで簡単にコンパクトに折りたためること」でした。

  • 女性でも簡単にコンパクトに折りたためる
  • 飛行機で機内持ち込みできる

この2つに惹かれてサイベックスリベルのベビーカーを購入しました。

購入の決め手、「コンパクト」はどうだったのか、コンパクト以外での使い勝手はどうだったのか、実際に使ってみての感想レビューをお伝えします。

サイベックスリベルの良くなかった点とデメリットは?

サイベックスリベルを使ってみて、ここが良くなかったな。と思ったところは、「リクライニングの倒れ方が足りない」こと、そして「肩紐がやや窮屈」でした。

それぞれ説明していきますね。

リクライニングの倒れ方が足りない

2歳、3歳ごろって、まだまだお昼寝しますよね。

サイベックスリベルの傾斜角度は110〜130°。「やや倒れる」程度です。

子供にもよりますが、我が家では、「もう少し倒れて欲しかったな〜。」という感想です。

肩紐がやや窮屈

我が家サイベックスリベルは2022年モデルです。

この我が家が感じたデメリットは2023年のリニューアルで改善されたようですので、2022年製で感じたデメリットとなります。

14キロで冬のアウターを着ていると、肩紐が窮屈に感じてきたため、肩は通さずに足だけを通してベルトをしていました。

「肩紐の位置がもう少し上にあったら。」と何度も思っていたものです。
それが2023年モデルでは改善されたようなので、3歳以降も使用を検討されている方は、2023年のモデルでの購入がおすすめですよ。

▼2023年製の最新モデル!肩ベルトが改善されたサイベックスリベルはこちら▼

▼サイベックスリベル最新型!2022年ではデメリットだった肩紐が改善された。バンパーバー付きの2023年モデルはコチラ▼


▼サイベックスリベル最新型!4歳まで使うならこちらの2023年モデルがおすすめ▼

サイベックスリベルの良かった点とメリットは

サイベックスリベルと使ってみて、ここがよかった。と思えたところはやはり「コンパクトに折りたためる」ところでした。

さらに「シート幅が広く、ゆったり座れる」ところになります。

コンパクトに折りたためる

女性でも簡単に、ほぼワンタッチでコンパクトに折りたたむことができます。

コンパクトに折りたためることで、

  • 車に積む時場所を取らない
  • 玄関収納時に場所を取らない
  • 機内持ち込みができる
  • 旅行先で邪魔にならない
  • エスカレーターに乗る時に手持ちできる

と色々なメリットが生まれました。


(5.9kgは2022年モデルです)

←白いプラスチックで固定(ロック)できるので、途中でばらけてきませんよ。

シート幅が広く、ゆったり座れる

縦も横も余裕があり、ゆったり座れます。横幅は52センチで「改札口も通れる」幅でありながらも子供は快適♪

B型ベビーカーは横幅が狭いことが多いですが、サイベックスリベルのベビーカーは余裕がある作りで、4歳までしっかり使えます(^^)

サイベックスリベルのネット上の口コミデメリットは?

ネット上ではどのような評価がされているのか、併せて調べてみました。

サイベックスリベルのネット上の口コミでのデメリットは、「新生児から使えない」「バンパーバーをつけたままでは折り畳みできない」「幌(サンガード)が浅くて日差しを遮りにくい」でした。

新生児から使えない

サイベックスリベルは6ヶ月以降からの使用となっていますので、そのままでは新生児には不向きです。

新生児から使いたい方は新生児用のセットが販売されていますよ。


▼サイベックスリベルを新生児から使いたいならこちら▼

バンパーバーをつけたままでは折り畳めない

バンパーバーとはこの、前のバーのことですが、我が家では購入しませんでした。ただ、前のめりになって座りたい子供やバーがないと心許ない方にはバンパーバーがある方がいいと思います。

ただ、そのままではコンパクトに折りたためないので、収納時はバンパーバーを取り外す必要があります。少し面倒ですね。

サンガードが浅くて日差しを遮りにくい

紫外線から守ってくれる、UPF50がついた、サンガード:サンキャノピーですが、 AB型で新生児から使えるベビーカーの様に全面をカバーしてくれません。

頭を守ってくれる程度となります。

そのため、お昼寝をした時は顔に「日があたる」ことがあります。

ブランケットなどで日を遮るなどの工夫をして使いました。

サイベックスリベルのネット上の口コミメリットは?

コンパクトに折りたためるので、電車や車での移動に便利

走行性が高く、不安定な路面でもスムーズに走れる

サイベックスリベルの口コミ感想レビュー!実際に使ってみて感じたデメリットは?まとめ

サイベックスリベルのベビーカーを実際に使ってみて感じたメリットとデメリットを紹介しました。

デメリット「リクライニングの倒れ方が足りない」こと、そして「肩紐がやや窮屈(2023年のリニューアルで改善)」でした。

メリットは「コンパクトに折りたためる」こと、そして「シート幅が広く、ゆったり座れる」でした。

私がデメリットで感じた、「肩紐」については2023年のリニューアルで改善されています。4歳まで長く使いたい方は2023年モデルがおすすめですよ。

▼サイベックスリベル、6ヶ月から使える!前のバーがあると安心!バンパーバーも一緒に欲しいならコチラ▼


▼サイベックスリベル、6ヶ月から22キロまで長く使える、コンパクトに折りたためるベビーカーはコチラ▼
▼サイベックスリベル最新型!2022年ではデメリットだった肩紐が改善された。バンパーバー付きの2023年モデルはコチラ▼
▼サイベックスリベル最新型!4歳まで使うならこちらの2023年モデルがおすすめ▼

 

スポンサーリンク
▼ふるさと納税でお得にGET!\美味しいグルメも消耗品もいっぱい!/魅力あふれる返礼品を探すならポイントも貯まる楽天がおすすめ▼
スポンサーリンク
子育てグッズ
晴れの日とスイーツ

コメント