ビストロNE-UBS10CとNE-UBS10Aの違いを比較!パナオーブンレンジ新旧おすすめは?

電子レンジ
スポンサーリンク

ビストロNE-UBS10CとNE-UBS10Aの違いを比較しました。

パナソニックビストロのオーブンレンジ新旧おすすめはどちら?

  • NE-UBS10Cは2024年6月1日発売の新機種
  • NE-UBS10Aは2022年6月6日発売の2年型落ち機種となります。

新旧比べてみたところ、NE-UBS10CとNE-UBS10Aの違いは全部で6つ。

・凍ったままワンボウル・凍ったままパスタ NE-UBS10C新搭載
・おまかせグリル NE-UBS10C新搭載
・お急ぎあたため「スピードモード」搭載 NE-UBS10C新搭載
・取説掲載レシピの数 NE-UBS10A旧型の方が多い
・カラー 名前の違いはあるが色の違いはほぼなし
・価格 NE-UBS10Aの方が型落ちのため安い

それぞれ紹介していきます。

▼NE-UBS10C:2024年6月1日発売の新機種は新搭載機能がいっぱい。色は黒と白の2色▼

▼NE-UBS10A:2022年6月6日発売の2年型落ち機種は価格が安い。色は黒と白の2色▼

\まかせっきりでも美味しく仕上がるオーブンレンジ/
パナソニックサブスクHP
↑最新機種が今なら月額980円から始められるレンタル↑

ビストロNE-UBS10CとNE-UBS10Aの違いは全部で6つありましたね。

・凍ったままワンボウル・凍ったままパスタ NE-UBS10C新搭載
・おまかせグリル NE-UBS10C新搭載
・お急ぎあたため「スピードモード」搭載 NE-UBS10C新搭載
・取説掲載レシピの数 NE-UBS10A旧型の方が多い
・カラー 名前の違いはあるが色の違いはほぼなし
・価格 NE-UBS10Aの方が型落ちのため安い

パナソニック スチームオーブンレンジ ビストロ NE-UBS10Cは2024年最新機種

家にある食材で おまかせグリル 。毎日の食事作りをサポートする 最上位モデルです。

搭載された新機能、それぞれ細かく説明していきますね。

凍ったままワンボウル・凍ったままパスタ

NE-UBS10CとNE-UBS10Aの違い1つ目はワンボウルメニューの違いです。

型番 NE-UBS10C NE-UBS10A
ワンボウルメニュー パスタ・シチュー・中華・フレンチ・エスニック・煮物・やみつき野菜
new凍ったままワンボウル
new凍ったままパスタ
パスタ・シチュー・中華・フレンチ・エスニック・煮物・やみつき野菜

NE-UBS10Cには、凍ったままワンボウル・凍ったままパスタのメニューが新搭載されました。

材料をボウルに入れる人数分の乾麺、水、油、好みの食材と市販のパスタソース
画像引用:パナソニック公式

NE-UBS10Cなら、冷凍や常温の混在OK。

食材を耐熱ガラス製ボウルに入れてボタンを押すだけで、かんたんにおいしい一品が作れます。

食材の状態に合わせて自動的に火力調整してくれる機能です。

常温も冷凍も気にしなくていいのはすごいポイントですね。

おまかせグリル

NE-UBS10CとNE-UBS10Aの違い2つ目はおまかせグリルの違いです。

型番 NE-UBS10C NE-UBS10A
時短調理 凍ったままグリル[25メニュー]/newおまかせグリル 10分メニュー/凍ったままグリル[39メニュー]

NE-UBS10Cでは凍ったままグリルの自動メニューが14個減りましたが、その分お任せグリルが搭載されていますし、メニューはアプリなどでどんどん追加していけるので、少なくても特に問題はなさそうです。

おまかせグリルはヒートグリル皿に並べるだけで、裏返しも焼き網も不要。本当に任せっぱなしのグリル機能です。

NE-UBS10Aにあった「10分メニュー」はレンジの稼働時間が10分以内で作れるメニューのことです。

新機種NE-UBS10Cには無いようですが、レシピえあれば同様に作れます。➡️気になる10分メニューのレシピはこちら※パナソニック公式レシピ

お急ぎあたため「スピードモード」

NE-UBS10CとNE-UBS10Aの違い3つ目はあたため機能の違いです。

型番 NE-UBS10C NE-UBS10A
あたため 2品同時あたため(AIエコナビ)
newお急ぎあたため「スピードモード」
newフライあたため
2品同時あたため(AIエコナビ)

NE-UBS10Cには「お急ぎあたため スピードモード」「フライあたため」が新搭載されました。

お急ぎあたためスピードモード:スピードボタンを押すと、高出力(最大出力1000W)に切り換えてあたため時間を最大約38%短縮してくれます。

フライあたため:上はヒーター、下はヒートグリル皿で加熱してサクサクに。さらにレンジで中はしっかりあたため。冷めた揚げ物も、おいしく復活できます。

取説掲載レシピの数 

NE-UBS10CとNE-UBS10Aの違い4つめは取説に掲載されたレシピの数の違いです。

型番 NE-UBS10C NE-UBS10A
取説掲載レシピ 267(234) 333(287)

NE-UBS10Cでは元々搭載されるレシピの数が減りました。

ただ、「買った後もスマホでメニューが増やせる」仕様になっているので、お気に入りのレシピをアプリで検索して、どんどん増やしていきましょう。

タサン志麻さん監修のレシピもアプリで配信してくれています(^^)どんどんレシピ追加していきたいですね。

カラー 

NE-UBS10CとNE-UBS10Aの違い5つめはカラー展開の違いとなります。

型番 NE-UBS10C NE-UBS10A
カラー
画像引用:パナソニック公式
K(ブラック)

W(オフホワイト)
K(ブラック)

W(ホワイト)

カラー展開の違いとはいっても、「黒」と「白」でほぼ同じ。

オフホワイト=少しくすみありのホワイト。ホワイト=真っ白

のわずかな違いです。

価格 

NE-UBS10CとNE-UBS10Aの違い6つ目は価格の違いです。 

型番 NE-UBS10C NE-UBS10A
定価 158,400円 約16万
価格 158,400円
(2024年5月調べ)
約13〜14万
(2024年5月調べ)

2024年6月に発売される新機種NE-UBS10Cと2年型落ちのNE-UBS10A。現在の価格差は約1万円以上〜

家電は新機種が発売されると、その旧型が安くなり、旧型の在庫が少なくなるとまた上がる。ということを繰り返しています。

そのとき、その都度、最安値をチェックして購入したいですね。

▼NE-UBS10C:2024年6月1日発売の新機種の最安値をチェックする▼

▼NE-UBS10A:2022年6月6日発売の2年型落ち機種の最安値をチェックする▼

\まかせっきりでも美味しく仕上がるオーブンレンジ/
パナソニックサブスクHP
↑最新機種が今なら月額980円から始められるレンタル↑

ビストロNE-UBS10CとNE-UBS10Aの違い 比較表

ビストロNE-UBS10CとNE-UBS10Aの違いを一覧表でも確認してみましょう。共通点もたくさんありますよ。

型番 NE-UBS10C NE-UBS10A
タイプ スチームオーブンレンジ ビストロ
カラー K(ブラック)|W(オフホワイト) K(ブラック)|W(ホワイト)
容量 30L
庫内形状 ワイド&フラット
ドア開き たて開き
自動出力 1000W:最大約5分(700W)
センサー 高精細・64眼スピードセンサー
あたため 2品同時あたため(AIエコナビ)
お急ぎあたため「スピードモード」フライあたため
2品同時あたため(AIエコナビ)
解凍 芯までほぐせる解凍(全解凍・半解凍)
加熱方式 大火力極め焼きヒーター(平面)/両面グリル
少量時短加熱 スピードエリア加熱(ヒーター出力 最高900W)
温度 70~300℃
発酵 スチームあり(30~65℃)・スチームなし(30~65℃)
加熱方式 2段調理 コンベクションオーブン
取説掲載レシピ 267(234) 333(287)
時短調理 凍ったままグリル[25メニュー]/おまかせグリル 10分メニュー/凍ったままグリル[39メニュー]
便利機能 合わせ技セット 合わせ技セット
ワンボウルメニュー パスタ・シチュー・中華・フレンチ・エスニック・煮物・やみつき野菜・凍ったままワンボウル・凍ったままパスタ パスタ・シチュー・中華・フレンチ・エスニック・煮物・やみつき野菜
トースト ヒートグリル皿使用/1枚両面 約4分15秒/パンのあたため/スチームトースト/冷凍トースト ヒートグリル皿使用/1枚両面 約4分5秒/パンのあたため/スチームトースト
スマホ連携
便利機能 ソフトダンパー/食器清潔コース/ロック機能
庫内 LED庫内灯[ON/OFF](2か所)/「庫内を冷ます」コース
液晶 カラータッチ液晶(選べる画面デザイン)
自動お手入れ 庫内/天井(オートクリーン加工)・ 脱臭/洗浄・水抜き/クエン酸洗浄/スチームお手入れ
スチーム
付属品
画像引用:パナソニック公式

【ヒートグリル皿】407mm×301mm(1枚)【角皿】407mm×303mm(2枚)・取扱説明書・レシピブック・使いこなしガイド
外形寸法
画像引用:パナソニック公式

幅494mm×奥行435mm×高さ370mm * ハンドルなどを入れた最大奥行寸法:486mm、ドア開放時の奥行寸法:720mm
庫内寸法 幅394mm×奥行309mm×高さ235mm
重量 約20.0kg 約19.9kg
レンジ手動出力 800・600・500・300・150W・300Wスチーム/1400W
オーブンヒーター出力/消費電力 1380W/1400W
グリルヒーター出力/消費電力 1330W/1350W
年間消費電力 70.2kWh/年 (レンジ機能58.0kWh/年・オーブン機能12.2kWh/年 待機時0.0kWh/年 ●区分:F)

ビストロNE-UBS10CとNE-UBS10Aの違いを比較!おすすめ共通点

ビストロNE-UBS10CとNE-UBS10Aの違いを比較してきましたが、共通のおすすめポイントを3つ紹介していきます。

  1. 上下両面から焼き上げる「大火力極め焼きヒーター」
  2. 中央部分からムラを抑えて解凍できる「芯までほぐれる解凍」
  3. 食洗機対応でお手入れ楽々

それぞれ説明していきますね。

上下両面から焼き上げる「大火力極め焼きヒーター」

※画像をクリックすると楽天市場へ飛びます

ビストロのヒートグリル皿は、裏面のフェライトがマイクロ波を吸収して、フライパンのようにアツアツになるんです。

なので、上からの焼きだけでなく、下からも焼くことができて、美味しく、時短で仕上がります。

中央部分からムラを抑えて解凍できる「芯までほぐれる解凍」

※画像をクリックすると楽天市場へ飛びます

レンジで解凍すると、中途半端に解凍しすぎて加熱してしまうところや全く回答されずに硬いままのところ。

中途半端な解凍になることが多いですよね。

ビストロオーブンはサイクロンウェーブ加熱で、食品の中心部分からおだやかに、ムラを抑えて解凍してくれます。

さらに「高精細・64眼スピードセンサー」が分量や種類を見分けて自動で解凍を制御。何度も解凍しなおす手間なしで、すぐに下ごしらえできる状態になるんです。

食洗機対応でお手入れ楽々

※画像をクリックすると楽天市場へ飛びます

フッ素加工でさっとお手入れ簡単に加えて、ヒートグリル皿、そして角皿が食洗機でも洗えます。

油汚れが取りきれなくて、ちょっと気なる。そんなときに、食洗機に放り込めるのはらくちんです(^^)

▼NE-UBS10C:2024年6月1日発売の新機種は新搭載機能がいっぱい。色は黒と白の2色▼

▼NE-UBS10A:2022年6月6日発売の2年型落ち機種は価格が安い。色は黒と白の2色▼

\まかせっきりでも美味しく仕上がるオーブンレンジ/
パナソニックサブスクHP
↑最新機種が今なら月額980円から始められるレンタル↑

ビストロNE-UBS10CとNE-UBS10Aの違いを比較!おすすめはどちら?

ビストロNE-UBS10CとNE-UBS10Aの違いを6つ比較しました。それぞれおすすめはこのような方にですよ。

NE-UBS10Cがおすすめの方

・凍ったままワンボウル・凍ったままパスタ機能が欲しい方
・おまかせグリル機能が欲しい方
・お急ぎあたため「スピードモード」機能が欲しい方
・最新の機種が欲しい方
・メニューは自分で調べて追加していきたい方

NE-UBS10Aがおすすめの方

・ビストロのオーブンレンジが欲しい方
・アプリ操作が苦手だから取扱説明書のメニュー数が多い方がいい方
・価格を少しでも抑えたい方

▼NE-UBS10A:2022年6月6日発売の2年型落ち機種は価格が安い。色は黒と白の2色▼

\まかせっきりでも美味しく仕上がるオーブンレンジ/
パナソニックサブスクHP
↑最新機種が今なら月額980円から始められるレンタル↑

ビストロNE-UBS10CとNE-UBS10Aの違いを比較!パナオーブンレンジ新旧おすすめは? まとめ

ビストロNE-UBS10CとNE-UBS10Aの違いを比較しました。

・凍ったままワンボウル・凍ったままパスタ NE-UBS10C新搭載
・おまかせグリル NE-UBS10C新搭載
・お急ぎあたため「スピードモード」搭載 NE-UBS10C新搭載
・取説掲載レシピの数 NE-UBS10A旧型の方が多い
・カラー 名前の違いはあるが色の違いはほぼなし
・価格 NE-UBS10Aの方が型落ちのため安い

▼NE-UBS10C:2024年6月1日発売の新機種は新搭載機能がいっぱい。色は黒と白の2色▼

▼NE-UBS10A:2022年6月6日発売の2年型落ち機種は価格が安い。色は黒と白の2色▼

\まかせっきりでも美味しく仕上がるオーブンレンジ/
パナソニックサブスクHP
↑最新機種が今なら月額980円から始められるレンタル↑

スポンサーリンク
▼ふるさと納税でお得にGET!\美味しいグルメも消耗品もいっぱい!/魅力あふれる返礼品を探すならポイントも貯まる楽天がおすすめ▼
スポンサーリンク
電子レンジ
晴れの日とスイーツ

コメント