NJ-BW10FとNJ-BWD10の違いを比較!三菱の炊飯器新旧比べでおすすめは?

炊飯器
スポンサーリンク

NJ-BW10FとNJ-BWD10の違いを比較!三菱の炊飯器新旧比べでおすすめはどちらかな?

違いは4点。オススメは型落ちのNJ-BWD10です。

三菱電機で人気の炊飯器、「本炭釜 紬」の、NJ-BW10FNJ-BWD10の違いを比較しました。

どちらも三菱電機の炊飯器の中では最高級レベルで、同じモデルの発売年式違いです。

▼NJ-BW10Fは2023年5月発売!旧型からバージョンアップ。銘柄を炊き分けたい人へのプレミアムモデルの炊飯器。色は黒と白の2色展開▼

▼NJ-BWD10は2022年7月に発売。当時の三菱電機史上最高傑作。粒立つ!「もち×あま」ごはんを生み出す「本炭釜 紬」の炊飯器。色は黒と白の2色展開▼

created by Rinker
三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)
¥66,500 (2024/05/24 04:43:02時点 Amazon調べ-詳細)

NJ-BW10FNJ-BWD10の違いはズバリ4点ありました。

  • 価格と発売日の違い
  • カラーの違い
  • まとめ炊き(冷凍用)機能の違い
  • お手入れモード搭載の有無

どうして型落ちのNJ-BWD10の方がおすすめなのかな?

比較詳細を細かくみていきましょう!

NJ-BW10FとNJ-BWD10の違いを比較!

NJ-BW10FNJ-BWD10の違いは4点ありましたね。

  • 価格と発売日の違い
  • カラーの違い
  • まとめ炊き(冷凍用)機能の違い
  • お手入れモード搭載の有無

それぞれ詳細を確認していきましょう。

価格と発売日の違い

まずは価格と発売日の違いです。

型番 NJ-BW10F NJ-BWD10
発売日 2023年5月21日 2022年7月8日
価格 約93,000円〜12万円 約68,000円〜8万円

NJ-BW10FとNJ-BWD10の違いは1年販売の年が違うこと。

1年の型落ちで価格が約2万円以上差に!

型落ち、旧型は在庫が少なくなってくると、値段が上がってくることがあります。また、新機種も月が経過することに値段が下がることがあるのも、電化製品ならではの特徴。

今の最安値を調べるなら、こちらからチェックしてくださいね。

▼旧型からバージョンアップ。銘柄を炊き分けたい人へのプレミアムモデルの炊飯器。NJ-BW10Fの最安値を調べるならこちらから

▼2022年7月当時の三菱電機史上最高傑作。粒立つ!「もち×あま」ごはんを生み出す「本炭釜 紬」の炊飯器。NJ-BWD10の最安値をチェックするならこちら▼

created by Rinker
三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)
¥66,500 (2024/05/24 04:43:02時点 Amazon調べ-詳細)

カラーの違い

2つ目は色:カラー展開の違いです。

型番 NJ-BW10F NJ-BWD10
カラー
※画像引用:MITSUBISHI公式
炭漆黒(すみしっこく)
白真珠(しろしんじゅ)

黒曜(こくよう)

月白(げっぱく)

NJ-BW10Fはマットカラーの艶消しの「黒」と「白」。マット調を採用したことで、さらにインテリアに馴染みやすくなりました。

NJ-BWD10は光沢:艶のある「黒」と「白」となります。

「黒」か「白」から選べることに変わりはありませんね。

まとめ炊き(冷凍用)機能の違い

3つ目はまとめ炊き、冷凍用の機能のバージョン違いとなります。

最新型:NJ-BW10Fだけでなく、旧型:NJ-BWD10にも搭載された機能です。

パッと手軽に、炊き立てのようなおいしいごはんが冷凍でも味わえる機能が、

最新型:NJ-BW10Fになって、まとめ炊き(冷凍用)モードが改良されました。

吸水時間がより長くなって、冷凍したあとのツブ感と水々しさが長持ちするようになったそうです。

炭釜は全体発熱する為、まとめて炊いてもムラが抑えられます。さらに、時間をかけて吸水させ、冷凍しても炊き立ての粒感とみずみずしさを95%以上保持。
炊く時間がない時でも、冷凍していたごはんを温めるだけで、炊き立てのような味わいが楽しめます。
※画像引用:MITSUBISHI公式

冷凍してもパサパサにならない、炊き立てを再現できる機能は素敵ですね。

お手入れモード

4つ目の違いは「お手入れモード」の有無になります。
最新型のNJ-BW10Fにのみ搭載された機能です。
内釜やパッキンに染み付いたニオイを軽減。炊込みごはんを炊いた後などのニオイも気にせず楽しめます。

※画像引用:MITSUBISHI公式

炊き込みご飯や味をつけたご飯を炊いた後って、においが残りやすいもの。
炊き込みご飯の後に、続けて白米を炊くと、においが移ることもあるので、それを軽減してくれるのは嬉しいですね。

NJ-BW10FとNJ-BWD10の比較表

NJ-BW10FとNJ-BWD10違いを4つ比較してきました。
一覧表、比較表でも機能などを再度確認しましょう。
型番 NJ-BW10F NJ-BWD10
カラー 炭漆黒(すみしっこく)
白真珠
黒曜(こくよう)
月白(げっぱく)
内釜 内面コート3年保証
内釜種類 本炭釜 紬
内面(フッ素)コート ハードコート100 
内釜厚さ 10㎜
おいしさ 火力 連続沸騰
ヒーター(全面加熱) 八重
熱密封かまど構造 本・熱密封
ダイレクトセンサー
吸水 超音波吸水
選べる保温 保温切
炊飯終了後、1時間程度で保温が切れます。保温しない方におすすめ
たべごろ保温
低めの温度で12時間保温。12時間を過ぎると、自動的に保温温度が高めに
一定保温
高めの温度で24時間一定にキープ
炊き分け
炊飯モード
炊飯メニュー数 16
炊飯メニュー詳細 白米・無洗米・胚芽米・発芽米・分づき米・玄米・
炊込み(白米/無洗米/発芽米/分づき米/玄米)・
雑穀米(白米/無洗米/発芽米/分づき米/玄米)・
おかゆ・中華粥(白米/無洗米)・おこわ・すし(白米/無洗米)・
おこげ(白米/無洗米)・麦飯(白米/無洗米)・長粒米・エコ炊飯
かまど炊き(白米・無洗米)
芳潤炊き(白米・無洗米) 銘柄芳潤炊き(50銘柄)
芳潤炊き(玄米)
芳潤炊き(発芽米)
芳潤炊き(麦飯)
炊分け名人(白米・無洗米) ●15通り
少量名人(白米・無洗米)
まとめ炊き(冷凍用)
季節炊き
エコ炊飯(白米・無洗米)
長粒米
うま早(白米・無洗米)、お急ぎ(白米・無洗米)
金のいぶき(玄米)
使いやすさ スマートフォン対応
特大液晶&デカ文字 フルドット&バックライト
音声ナビ
チャイルドロック
計量カップ 合ピタカップ
自立式しゃもじ
Vピタ目盛
予約1・予約2
かんたん予約
お手入れラクラク 洗う部品点数 2点(内釜、内ぶた)
フレームフラット
SIAA認定抗菌 ●(ふた開きボタン)
お手入れモード あり なし
最大消費電力(W) 1400 1400
1回あたりの炊飯時消費電力量(Wh/回) 163.5(白米・エコ炊飯) 163.5(白米・エコ炊飯)
1時間あたりの保温時消費電力量(Wh) 17.5 17.5
外形寸法(幅×奥行×高さ) /ふた開け時高さ〉(mm) 261×315×257/484 261×314×257/484
質量(約kg) 5.7 5.8
発売日 2023年5月21日 2022年7月8日
価格 約93,000円〜12万円 約68,000円〜8万円

ごく小さな違い:「重さ0.1kg」「奥行き1㎝」違いがありますが、気にならない程度の差ですね。

NJ-BW10FとNJ-BWD10のおすすめはこんな方

NJ-BW10FとNJ-BWD10、それぞれおすすめなのは、こんな方にですよ。

NJ-BW10Fがおすすめなのはこんな方

・最新の機種が欲しい
・色は、艶消しのマットタイプの色がいい
・ご飯を冷凍することが多いから、冷凍に関する機能は最新のものがいい
・匂いを軽減してくれるお手入れ機能が欲しい
・最高峰の炊飯器が欲しい

▼2023年5月発売!旧型から「おまとめ炊き冷凍用」をバージョンアップ。最高峰プレミアムモデルの炊飯器。マットタイプの色が希望ならこちらNJ-BW10F▼

NJ-BWD10がおすすめなのはこんな方

・最高峰の炊飯器が欲しい
・ご飯を冷凍することが多いから、冷凍に優れた炊き方のある炊飯器がいい
・色は黒か白なら、こだわりはない
・価格はなるべく安い方がいい
・最高位機種で美味しいご飯が食べたい

▼2022年7月に発売。当時の三菱電機史上最高傑作。粒立つ!「もち×あま」ごはんを生み出す「本炭釜 紬」の炊飯器。艶ありの炊飯器がいいならこちら、NJ-BWD10▼

created by Rinker
三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)
¥66,500 (2024/05/24 04:43:02時点 Amazon調べ-詳細)

NJ-BW10FとNJ-BWD10共通のおすすめ機能

NJ-BW10FとNJ-BWD10の違いを比較してきましたが、共通の機能でおすすめを紹介します。

炊き分け名人15通り

その日のメニューや家族の好みに合わせて、15通りの食感に炊き分けることができる機能です。

※画像引用:MITSUBISHI公式

しゃっきり⇄もちもち  かため⇄やわらか

お好みのかたさや食感で15通りから選べます。
家族の好みの食感を突き詰めてみたいですね。

長粒米モード

本格エスニック料理をご家庭で。

ねばりが少なく、香りがあり、パラッとした食感のお米。長粒米の特長をいかした炊き上がりに。長粒米を使った本格タイカレーやカオマンガイ、ガパオライスなどが自宅で簡単に楽しめます。
※画像引用:MITSUBISHI公式

選べる2つの時短モード「うま早モード」「お急ぎモード」

独自の炊飯技術で、おいしく早炊き。

忙しい毎日でも、おいしいごはんが食べたい。
わずかな時間でも、お米を大火力で一気に炊き上げることができます。
この炊飯器には選べるふたつの早炊きモードを搭載しています。

「うま早」モード:0.5合 約28分/3合 約29分

「お急ぎ」モード:0.5合 約19分/3合 約24分

朝起きてからの「炊き忘れた!」に対応してくれますね。お弁当一人分なら最短19分です。

洗い物は「内釜」と「内ぶた」のたったの2点。

「内ぶた」は軽くて、シンプルな構造だから汚れがたまりにくく、サッと掃除ができて衛生的。お手入れ簡単!時短!

※画像引用:MITSUBISHI公式
※1
内ぶたの重量比較。NJ-BW10F:約171g、2020年度製NJ-AWB10:約299g。

※画像引用:MITSUBISHI公式

▼炊き分け名人で15通りの食感から選べる!冷凍に対応した炊き方も最新バージョン。「もち×あま」ごはんを生み出す「本炭釜 紬」の炊飯器。NJ-BW10Fはこちら▼

▼最短19分でご飯が炊ける!洗い物は2点だけ。「本炭釜 紬」の炊飯器。2022年時点での最高峰炊飯器NJ-BWD10はこちら▼

created by Rinker
三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)
¥66,500 (2024/05/24 04:43:02時点 Amazon調べ-詳細)

NJ-BW10FとNJ-BWD10の違いを比較!まとめ

NJ-BW10FとNJ-BWD10の違いは4点でしたね。

  • 価格と発売日の違い→1年違いで2万円以上の差
  • カラーの違い→マットタイプかつやありか
  • まとめ炊き(冷凍用)機能の違い→新旧の違い
  • お手入れモード搭載の有無→新型に搭載

違いがあるようで、あまりない。
個人的なおすすめは価格の安いNJ-BWD10でも十分おいしいお米を堪能できるのでは?と思います。

▼NJ-BW10Fは2023年5月発売!旧型から「まとめ炊き冷凍用」機能と「お手入れモード」がバージョンアップ。銘柄を炊き分けたい人へのプレミアムモデルの炊飯器。色はマットタイプの黒と白の2色展開▼

▼NJ-BWD10は2022年7月に発売。当時の三菱電機史上最高傑作。粒立つ!「もち×あま」ごはんを生み出す「本炭釜 紬」の炊飯器。色はつやありタイプの黒と白の2色展開。美味しく炊ける炊飯器を少しでも安く買いたいならこちら▼

created by Rinker
三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)
¥66,500 (2024/05/24 04:43:02時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク
▼ふるさと納税でお得にGET!\美味しいグルメも消耗品もいっぱい!/魅力あふれる返礼品を探すならポイントも貯まる楽天がおすすめ▼
スポンサーリンク
炊飯器
晴れの日とスイーツ

コメント